Loading…
 

暮しの手帖 4世紀81号

2017.03.28 未分類   comments 2
B01AO0ZNYI

暮しの手帖社
Amazon

ホッとする。普通の、日々の暮らし。

例によってバックナンバーを借りてきました。
買うこともあるのですよ(古本屋で見つけた場合は)。

さて。この号には私の好きなものがたくさん載っている。
表紙の文字を読んでみましょう。

「チャーハンの極意」
「春の刺しゅう」
「あんこの幸せ」
「20分でつくる和のお弁当」
「あの人の花びんと花」
「温野菜をたっぷりと」
「しずこさん」

どれも、私の「好き」の王道である。
決して「きらびやか」ではないところがいい。
実直で、でも実用本位過ぎず、「生活の美」たり得ている。

写真も素直で、レイアウトも端正で。
息苦しくない真面目さで。
広告がない点もやはり素晴らしい。
(もっとも、広告だらけの雑誌も私は面白がるのだが)

読み物も充実している。
寄稿している顔ぶれが良い。

私は佐藤雅彦氏の「考えの整とん」が気に入っていて。
今号の「ビニール傘の所有権につきまして」も楽しく読んだ。
以下の考察がステキだと思う。何気ないことなんだけれども。

世の中には、「はっきりしていること」と「曖昧なこと」があるが、実は、その間に「はっきりと曖昧なこと」があるのである。
 誰のものかは分からないけれど、誰かのものだということは明確に分かる、そんな状態があるのである。


(2017.2.25)
久しぶりの更新となりました。仕事で異動があったため、身辺も落ち着きませんが、パソコンの調子も悪いのです。そろそろ買い換えねばならないだろうと感じています。とりあえずは両親のパソコンをしばらく借りることにします。
Macにすっかり馴染んでしまったため、Windowsの使用感に戸惑っています。ブログの更新がスムーズに出来るよう様々な小技を仕込んであったのが、こちらでは使えないのも少々、不便。

今後のこと。(注:ほぼ私の近況報告=愚痴)

ccIMGP8268.jpg

職場で大幅な異動がありました。
私も同じフロア内ですが、違う売り場の担当に。
扱うアイテムがまるで違うので覚えることがたくさん。
かつ、付帯業務がわんさかと増えました。

地方デパートの哀しさで人が足りない。
予算かつかつで運営されているもので・・・
レジさんは廃止され、自分で打つようになり。
レジ回り業務って色々発生するのですが、主に私の仕事に。

休憩室の掃除も当番制だし、用度品も予算内で発注。
なので、紙袋や包装紙が注文できずに「無い!」という事態に。
そしたら別のフロアに頭をさげて「借りる」。

紙袋(大小10種類くらい)、包装紙(赤、青、緑の三色と百貨店の柄、サイズ多様)、リボン(赤、青、緑、それぞれ太いものと細いもの)箱(30種類くらいある)、のし紙、うす紙(よく服を包んである紙)、ポリ袋(経費削減のため、紙袋でなくポリ袋推奨)、セロテープ、ガムテープ、店名入りのテープ、配送伝票を始め、各種伝票類、レシートを印字する紙・・・キリがないのでやめますが、とにかくアイテム数が多いのです。

各売り場さんが「欲しい」と言うものも発注しなくてはならない。
予算が限られ過ぎていて全ては注文できません。
で、やりくりする。優先順位を考えて、やめたり先延ばしにしたり。
これを毎週、やります。

各売り場さんからは「発注したのに来ない!」とか。
「あれが無い!」「これが足りない!」とブーイングの嵐。
そのたびに「予算がないんで!」と怒鳴る。

・・・というのが前任者でした。
ええ。これも私の仕事になったのです。

あるべきものが無いのだから文句を言う側の気持ちもわかる。
しかし、注文したくても予算を越えると注文不可なシステム。

要はいかに上手に注文するかということです。
現状を見ると、ストックが溜まっているアイテムもあれば、
絶対に必要なのに、なぜか頻繁に切らすアイテムもある。

でも金額の関係もあるし、季節によって減り方も違うし。
どの用度品が、どういうペースで減って行くかを把握するのは難しい。
アイテム数があまりにも多過ぎて、見落としもある。
箱なんて、ずーっと減らないこともあれば。
贈答がなぜか立て続いて、一気に何十個無くなることもある。
余裕がなさ過ぎ。常にギリギリで回ってるのです。

私も「なんでコレがないの!信じられない!」と呆れる側でした。
予算っていうけど!お客様の為に必要なものなのに!と。
しかし。予算の少なさを知って、ショックを受けました。

まぁ・・・。やりくり上手になれるように頑張ります。

自分も異動でバタバタしてますが。
私が抜けたところがフロアでいちばんキツイ場所でした。
代わりに入った子が私にしょっちゅう助けを求めて来ます。
そのフォローもするように上司に言われている。

っていうか、助けてあげないとエライことになる売り場。
職務も難しい上に、メンバーが最悪なんです。
本来は売り場の先輩にきくべきだけど、聞けない。
それで、そこに入った人は皆、短期で辞めて行く。
(私は!そこで!負けずに二年近く頑張った!)

隣りの売り場ならいいんですけど。
壁ひとつ隔てているので、一日中、うろうろ。
事務所へ行く用事も倍増。

私、接客が好きだし、得意なのに・・・
接客する暇なんてないし、そもそも今の売り場はお客様が少ない。
そうでなくても、雑用だらけなのが厭だったのに。
もういまや、雑務しかない。

あ。すみません。仕事の愚痴を言ってどうするんだ。

まぁ。要は、今、私は仕事で疲れております。
やっと、厳しい売り場でも仕事内容をマスターして。
自分のペースで働けるところに到達したのに・・・
だから、少し楽になったのに・・・

休日(曜日固定式)もガラリと変わったため。
生活のペースが整っていたのが崩れました。
仕事なんだからそれぐらい仕方ないとも思うけれど。

なにせ、給料はものっすごく安いんだよー
業務は増え続けるのに給与は上がらないんだよー
ちなみに私は契約社員ですが、ここでは「社員さん」と呼ばれます。

違うってばー。

ただ周囲はそれこそ最低時給のパートさんばかりなので。
その人たちから見れば私は「高給取り」。
なにかにつけ「これは社員の仕事」「これは社員がやらないと」と
あれもこれも押し付けられます。

あー。転職したい。

再度すみません。
こんなダラダラした愚痴、読むのやめてくれてるといいのですが。
最後まで読んでしまった方には深くお詫びいたします。

出来もしないのに、転職、転職というのもこれを最後にします。
しかし、休日も幾つかふっとんだ状態ですので。
ここしばらくは、ブログを更新する余裕はありません。

ぽつりぽつりと、出来る時にはまた、読書記事を書きます。

まぁ。悪いことばかり書きましたけれど。
慣れたら、前の売り場より楽になってくる目算です。
きっと残業も減るだろうと思います。今後数ヶ月を乗り切れば!
ええ。今まで、前任者がテキトーにやってたことを改善する!
誰が見てもわかるように、物も業務も整理整頓する!

うー。次の休みは本を読むぞ、本を読むぞ、本を読むぞー!!!

時間と体力が削られるせいで。
読む本が「やたらめったら」だった状態は脱しそうです。
今は過渡期ですけれど。
これからはもっと「本気で読みたい」本を厳選して読みます。

冒頭の写真は、こないだの休日に出かけた奈良の月ヶ瀬の梅。
とっても素敵な梅林のある場所なんですよ。
苦手の高速を一時間半も運転して行って来ました。
(この時は、異動するなんて思ってもなかった・・・)

関連記事

銀座の喫茶店ものがたり  村松友視

4167903296
文春文庫
Amazon

銀座がとにかく大好きなアナタへ。

私、好きなんですよね、銀座。
数年に一度(でも、ここ10年近くご無沙汰)は行きます。
好きな美術館と、街をブラブラするのです。
そして、絶対に銀座は外せません!

本書は「銀座百点」に連載されたエッセイをまとめたもの。
知ってます!知ってます!「銀座百点」。
銀座の老舗には、大抵置いてあるタウン誌なのです。

登場しているお店は、意外と、知らないものも多い。
ちょっと気になったお店をメモメモ。

カフェーパウリスタ(ブラジル)
どんパ(ニッキ・アイス)
然林庵(ビル6階)
トリコロール(回転ドア)
椿屋珈琲店(螺旋階段)
「時・・」(閉店)アンティーク時計がいっぱい
カフェ・ド・ルトン(アンティーク空間)
凛(穴場)
Ken's珈琲(ハニートースト)
十一房珈琲店(ガトー・ショコラ)
Cafeきょうぶんかん(落ち着き)
銀座松崎煎餅(かき氷)
LINTARO CAFE(カフェ難民の救済)

あ。カッコ内の言葉は私がもしも訪れる時の参考です。
いちおう、店の特徴を一語で表してみました。
いちばん行きたかった「時・・・」は閉店しちゃってました。

あとは色々と検索して調べてみると。
良い店だけれど高い!というレビューがやたらと多かった。
いや・・・銀座はお高いんですよ、とにかく。

私の大のお気に入りは何度も繰り返しますが、銀座ウエスト。
盲目的に愛しているお店です。
ちなみにね・・・今、創業70周年で。
3000円以上お買い上げだとストラッププレゼントとか!

欲しい。欲しい。欲しい〜っ。
いやぁ。めちゃ可愛いんで、検索してみて下さい。
そして、食べたことない方は食べてみて!美味しいから!

ああ・・・。よし、オンラインで買ってやる!
リーフパイのストラップは貰いそこねたけど。
ヴィクトリアのストラップはゲットするぞ!

(やはり、これも疲労からくる物欲・・・???)

あ。大幅に脱線しました。
要は。銀座の「お高さ」は私は許せます。
ちゃんと値段と見合ってると思う店でありさえすれば!
銀座ウエストなんて、喫茶室を赤字で経営してるんだぞー。

ええっと。いい加減、本の内容に戻りまして。

もう今はないという、向田邦子が座った席のエピソードが好き。
テレビの真下だったそうです。もう無いんですって・・・

銀座千疋屋の先代のモットーにも惚れます。
「いい物を高く買って、高く売る」だったんだそう。
「そのレベルをキープすれば、生産者も潤い、いい物を作るようになる」って。
おおーっ。格好いい!

正直、文章は「出来過ぎ」感があってあまり好きではありません。
面白く、読みやすく、上手くまとめ過ぎている印象です。
でもタウン誌で一篇だけを読むにはこの感じがいいのかもなぁ。

ありふれた紹介にならないように、すっごく努力してはる。
その成果もバッチリで、切り口もマンネリになってへん。
これはなかなかに凄いとは思うんやけど。

その上手さが「あざとく」感じてしまうんよねー。

それに。やはり、「気遣い」があるやんね、当然。
取上げている当のお店に置かれるタウン誌なんやもん。
しゃあないわー。

(2017.3.7)
私、本日、職場で異動になりまして。
いえ。同じフロアで売り場変わるだけなんですけども。
明らかに、異動後の苦労が見えるので辛い。
ショックゆえに、文章のテンションがおかしいです。
たぶん、銀座が好き過ぎるせいもあります。

ちょっと、ひと休み。

ccIMGP8219.jpg

昨年から、ほぼ毎日更新してきたわけですけれども。
そのおかげで読んだ本と感想とのタイムラグも縮まってきて、もうまもなく「現在読んでいる本」に追いつけるという目処も立ちつつあったのですけれども。

ちょっと、さすがに疲れてきました。

仕事が忙しく残業だらけの日々も休まずに乗り越えたというのに、一段落ついて楽になった今の方がブログの記事を書くのがしんどい。不安要素が多い職場ゆえにストレスはありますが、時間は無くはないはずですけれど・・・

帰宅したら何もしたくない気分で。本もあまり読めなくて、とうとう借りた本に手をつけぬままに返却するという、私としては前代未聞の事態も発生。

そんな中、現実逃避が得意な私のアタマは、欲しいペンとノートカバー(どちらも私の安月給に見合わない高額商品)をずーっとネットで眺めて悩み続けていたりするのです。え。たぶん、買いませんよ。買わないと思いますよ。血迷ってるだけなので、買う前に正気に戻ると思いますよ。

そして、買いたいけど買わないとわかっているものだから。仕事用にお洒落な電卓でもせめて買おうとかいう方向へ思考が流れるのですね。電卓も別に今のでも使えているのにねぇ。ピンクなのが今更に気に入らなくて。ディープブルーか黒のシンプルなのが欲しいわけです。でもねぇ。今のでいいでしょうよ、別に。我慢しなさい!

すると、じゃあ気分転換に万年筆のインクの色を変えようと思って調べ出したり。そこで、大昔に使っていたブルーブラックのインク(モンブラン)の色はどんなだっけと古い日記を掘り出して来たり。そしたら、万年筆ではなくシャーペンで書いてあって、字が消えかけているのを発見したり。

テスト前に大掃除を始める・・・みたいな感じの脱線の仕方が延々と続く日々を送っているのです。

試験があるわけでもないのに、私はいったい何から逃げようとしているのか。まぁいつでも「自分」から逃げ出したい人ではありますが、何か現状のこの具合は通常よりも重症です。それこそ、「えーい、ブログなんてスッパリやめてやる!」くらいなことを言い出しそうなくらいな勢いです。

なんとなく数日更新出来ないまま、その数日があれよあれよと数週間になり、数ヶ月になり・・・という未来予想が可能な段階に一歩踏み出したという感触があったので。もしかしたら歯止めになるかもと、こうして「現状報告」のために顔を出してみました。

運が良ければ、明日に一つくらいは感想が書けることでしょう。

感想が書けない理由は、少し、心当たりがあります。おそらく「この本だったら感想書かなくて別にもいいよね」という気分のせいです。そろそろ「読んだ本全ての感想を書く」という方針自体を見直すべきかもしれません。

感想を書きたくなる本だけを取上げたら・・・ということは忠告されたこともあり、自身でも何度か検討しましたが。そうやって読んだ本を「選別」することで、むしろ私はいっそう「書く気」を失くすような気もするのです。

まぁ、なんか。なんか。なんか。なんか。疲れてるんだよー。
そういえば。春の初めは私はダメ人間ぶりに拍車がかかるのでした。
ただの恒例行事だな、たぶん。

いえ。「疲労感」は複合的な要因から来ていて。身体も心も疲れているわけですが。後ろ向きな感情に捉われてはいなくて。「変わろう」「変えよう」としている自分自身の葛藤がいちばんの原因な気がします。時間と気力が必要な変革を「心」が行おうとしていて。私自身がついていけてない(笑)

自分の「本心」を無視して来たというか、聞かないように耳を塞いで来た日々の反撃を受けている、とも云えますね。だから、まぁ、仕方ないんです。ていうか。「変わろう」と努力しなくても「変わらざるを得ない」時期が来ているのかな。「転機」が近いのだと思います。

何が変わるのかはわかりませんけれど。うん。これは春のいつもの、ではない。脳が高速回転してて、疲れている。久しぶりに凄く必死に考えている。「今までどおり」から脱却しようとしてる・・・半ば意識的に半ば無意識に。自分のひとつひとつの行動を検証し直してるので、きっと疲れるのです。

なので、これは悪いことではない。

このブログに関しては今すぐ何かが変わることはない予定です。

目が覚めるような色の梅の写真。これを見て、私の脳もしゃきっとしてくれたらいいんですけれど! これは私が苦手な高速道路を1時間半も運転してはるばる出かけた、奈良の月ヶ瀬の梅なのです。車の運転が苦手というのも、変えねばならないことの一つ。「変化」の理由には自分の必要と他者の必要と、場の要求する必要と・・・色々ありますね。

2017年に1月に読んだ本

今月読んだ本・・・・・・17冊


本の画像をクリック アマゾンへ  
タイトルをクリック 私の感想ページへ



去就―隠蔽捜査6―「去就」 今野 敏
★★★☆☆
マンネリに甘い私もさすがにこれは・・・というマンネリ具合。でもそれでも好きだ。


成功哲学「成功哲学」 ナポレオン・ヒル
★★★☆☆
「あなたの主人はあなたの心だけ。」良い言葉です。


戦火のバグダッド動物園を救え―知恵と勇気の復興物語「戦火のバグダッド動物園を救え」 ローレンス・アンソニー  グレアム・スペンス
★★★★☆
著者みたいな人が存在するってことがなんか、心強いな。

やめてみた。 本当に必要なものが見えてくる暮らし方・考え方「やめてみた。」 わたなべ ぽん
★★★☆☆
やめてみてもいいと思うよ。うん。

シンプルベーシックなMy Styleのつくり方「シンプルベーシックなMy Styleのつくり方」 鈴木尚子
★★☆☆☆
「シンプルベーシック」って、つまらないかも・・・

7(セブン) 1週間のうち何日を特別な日にできるだろう?「7(セブン)」 ダン・セドラ
★★★★☆
ああなぜ、この本の表紙はキミドリなのか!

勝つ人間の「見切る」技術「勝つ人間の「見切る」技術」 桜井章一
★★★☆☆
「見切る」ことができてない私。負けてもいいけど。粋な人にはなりたい。とりあえず「違和感」と対決する!

マニャーナの法則 明日できることを今日やるな「マニャーナの法則 」 マーク・フォースター
★★★★☆
マネできそうで、できない。いや、考え方は好きですよ。

ほぼ100均ネイル Fashion×NAIL「ほぼ100均ネイル Fashion×NAIL」 しずく
★★☆☆☆
プロじゃなくても可愛いネイルはできる!

もっと心地いい暮らし―自分らしい収納スタイルのつくり方「もっと心地いい暮らし」 鈴木尚子
★★☆☆☆
私も「もっと心地いい暮らし」を目指してますが・・・

バーソロミュー―大いなる叡智が語る愛と覚醒のメッセージ (覚醒ブックス)「バーソロミュー」 メアリー・マーガレット・ムーア
★★★★☆
高い次元の霊的存在? 怪しげな風体ですが、真面目に読める本。

アイデアがどんどん生まれる ラクガキノート術 実践編 (エイムック 3485)「ラクガキノート術 実践編」 タムラカイ
★★☆☆☆
本編を読んでいたら、実践編は不要。

おとなの奈良 心を澄ます旅 (奈良を愉しむ)「おとなの奈良 心を澄ます旅」 堀内みさ 堀内 昭彦
★★★★☆
癒される。写真がいい。

お金と引き寄せの法則 富と健康、仕事を引き寄せ成功する究極の方法 (引き寄せの法則シリーズ)「お金と引き寄せの法則」 エスター・ヒックス ジェリー・ヒックス
★★★★☆
引き寄せられている・・・気もする。少しだけ。

雪と珊瑚と「雪と珊瑚と」 梨木香歩
★★★★☆
妙に突き刺さった・・・他者と自分の関係の、どうにもならなさ。

モレスキンのある素敵な毎日「モレスキンのある素敵な毎日」 中牟田洋子
★★★★☆
モレスキン、実は近頃は使ってませんが。復活させようかなぁ。

黒の過程 (ユルスナール・セレクション)「黒の過程」 マルグリット・ユルスナール
★★★★★
ユルスナールは私にとって「格別」な存在。


★★★★★ また読みたい本
★★★★☆ 堪能した本
★★★☆☆ まぁ満足した本
★★☆☆☆ どっちでもいい本
★☆☆☆☆ 時間のムダだった本

(あくまでも独断・偏見ですので悪しからず)


軒並み、★が低いですね。まぁ気晴らしとか参考にはなった。
ユルスナールはしみじみと良いなぁ。もっと読みたい作家。
スピリチュアル系の本ばかり並ぶと「どうしちゃったの?」と心配されそうな気もしますけれど、別にそういう世界に足を踏み入れたわけではありません。
「意識」の持ちようという点で、非常に参考になる部分があります。

心の整骨  017 creative

2017.03.09 creative   comments 0
作家は、自分を、第三者の目で第三者の厳しさをもって採点しなければならぬ。作家の中の預言者は、同じ作家の中に怪物をも見なければだめなのだ。芸術は自我の中に埋没したりはしない。それどころか、芸術における自我は、観察したものと創作されつつあるものが出す要求を満たそうと努める中で、自らを忘れてしまうのである。
 
          フラナリー・オコナー『秘義と習俗』

「心の整骨」って何のこと?と疑問な方はこちらをどうぞ。
「心の整骨  まえがき」 

バーソロミュー  メアリーマーガレット・ムーア

4864510768

ナチュラルスピリット
Amazon

「あなたは自分の心を使って人生を創造しています」

あ。こんなこと云われるとちょっと怖いでしょうか。

いわゆる、チャネリングの本になりますね。
私、いまだにそのことは受け入れ難かったりしますが。
ではありつつ、その「霊的な人物」の言葉の妥当性というか、
不思議なほど非常に納得出来てしまう感覚が魅力で・・・

引き寄せ本ではないのか?と問われますと。
それより、次元の高い話をしているかなと答えます。

霊的な存在がいると仮定しましたら。
やはりその「霊性」にレベルの違いがあるでしょうね。
そう、人格が異なるのと同じように。

バーソロミューさんは「高い」です。
なんていうか、意識の持ちようが違います。

自分を愛し、人を愛し。エゴを捨て。
内なる「自己」との調和を育てる。

まわりの出来事でなく、
「それに対するあなたの反応」が
あなたを傷つける。

未来のある時を待ち続けていると、「明日」や「いつか」を次々に生み出していくだけ。今日こそがすべての日。

(2017.1.10)
この本を読んでいると。
自分が神様を信じていた頃が思い出されました。
キリスト教に限りなく近い考え方だと思いますが。
でも、何かが違うのです。これは難しい話になります。
私が信じていたのはいわば私のオリジナルな神様でした。
私は神様を宗教の枠で考えることが出来ません。
だからクリスチャンにはなりそびれたのだと思います。
そして今は神様を信じてはいません。
それでも、本書で語られていることはよくわかります。
ああ。仏教の「悟り」にも非常に近いですね。

  

プロフィール

Author:彩月氷香

とにかく本が好き
読書感想がメインですが
時々、写真や雑記も。

*初めましてのご挨拶
*ブログタイトルの由来

<別館のご案内>
Instagram
99%、花の写真です。

moleskine絵日記
ちいさな絵日記。

カテゴリ

最新コメント

データ取得中...

月別アーカイブ

***